SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。SDGsは国際機関、政府、企業、学術機関、市民社会、子どもも含めた全ての人が、それぞれの立場から目標達成のために行動することが求められています。

カネコ種苗のSDGsへの取り組みSDGs Initiatives

●異常気象・気候変動に耐える品種の開発

耐暑性、耐寒性などの耐候性を持ち、異常気象や気候の変動に強い品種の研究・開発を通じて、食料の安定供給に寄与しています。

●食育授業の支援

一般社団法人日本種苗協会と協力して小学校での食育授業をお手伝いしています。

●スポーツチームとスポンサー契約

サッカーチーム「ザスパクサツ群馬」、女子サッカーチーム「バニーズ群馬FCホワイトスター」と スポンサー契約を締結しています。スポーツを通して地域の活性化に取り組んでいます。

●ネーミングライツ取得

「ぐんまフラワーパーク」のネーミングライツを取得し、愛称を「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」 に。植物に親しむ憩いと学習の場の維持や、地域振興に貢献しています。